あなたに!私と同じような辛いことが起きないようにお伝えしたします

おはようございます
堀尾です
1130_064809.jpg
2015年
先週末8月23日
アイアンマンジャパン北海道という

Swim3.8km
Bike180km
Run42km

長いトライアスロンのレースを
3年連続完走しましたが
今年の3年目はどこか驕りがあったのかもしれません!
最後の42キロ走るパートの
22キロ地点から
吐き気、寒気、だるさ、あくび
意識が朦朧としだし
残り20キロはほぼ歩いたり横になって寝たりする状態でした
ゴールあとは救護室で点滴しました〜
IMG_5856.jpg
以下の症状が起きたと思います

1、脱水症状
2、一過性の低体温症
3、ハンガーノック
堀尾におきた症状をもとに
あなたが
この症状にならないようにするために
症状のメカニズムと
《堀尾のとってしまった行動》と
予防法と緊急対処法を紹介します

北海道マラソンやトレイルのレースがありますので、いち早く情報をお伝えしたいと思います

一番大事な予防法は
喉が乾く前にこまめに水分補給する。お腹が空く前にこまめにエネルギー(糖質)補給することを
覚えておきましょう

サイクリングをする場合は特に風が強い日や雨が降る前、山岳コースの場合
登りきった下りに入る前に上着を着る

1、脱水症状とはこちらをクリック
《堀尾のとってしまった行動》
ラン42kmの最初にトレイルラン(山登り)があって大量の汗をかくのが
わかっていたのにランスタート前に水分補給しっかりしなかった!
その後も体が受け付けなくても水分補給しなければいけないのに
二口ずつしか水分補給しなかった
(目標時間とライバルを気にしてしまいました〜笑)

2、一過性低体温症

◆低体温症って?
 全身が寒冷な場所に長時間さらされ、体温が35℃以下に低下した時に様々な障害が現れます

早期に適切な処置がほどこされないと、生命の危機を及ぼすこともあります。

(軽度の症状)
・震え → ガタガタ、ブルブルと震える、口がうまくまわらない、など
・手足のかじかみ →靴紐がうまく結べなくなったり、ボールのキャッチなどができなくなる、ボタンが上手く着けたりはずしたりできなくなる
・動作が鈍る、遅くなる、よろける →バランスが取れなくなり、動きが悪くなります
・無気力、眠気 →ぼーっとしたり、あくびを繰り返したりします

《堀尾のとってしまった行動》
バイクコース180km中の20km続くすごい登り坂(ニセコヒルクライム)登った後の汗を拭かず
上着も着ないで急な下り坂と向かい風のなか残り60kmを走り長時間冷やしてしまった
(ウインドブレーカー持っていたにもかかわらず〜笑)
3、ハンガーノック症状
自動車に例えるならばガス欠であり、体がエネルギーを失った状態を意味し、自らの意志とは関係なく、体は動きを停止する。意識がはっきりしている場合でも、思考は通常より鈍る。回復には、糖質補給が有効である。一番早く回復させるには点滴を打つ。

《堀尾のとってしまった行動》
ラン42km中、体が受け付けなくても糖質補給しなければいけないのに
補給しなかった、嘔吐でできなかった!
(気がつくのが遅かった〜笑)

予防策として、
耐久競技など長時間に渡るスポーツにおいて、適度な補給食を、こまめに摂取することを忘れないことがあげられる

私のオススメは
もう一度いいますよ〜

一番大事なことは
喉が乾く前にこまめに水分補給する。お腹が空く前にこまめにエネルギー(糖質)補給することを覚えておきましょう

サイクリングをする場合は特に風が強い日や雨が降る前、山岳コースの場合
登りきった下りに入る前に上着を着る

緊急対処法は
経口補水液やゼリーを携帯して走る、ドラックストアなどに入り購入するです!
スクリーンショット 2015-08-28 13.02.28.png
スクリーンショット 2015-08-28 15.10.58.png