猫背・自律神経失調症・

─────────────────────────────────

 【猫背だとある部分が冷たくて硬いんです!】(競泳 中島涼選手出演)

─────────────────────────────────

動画です

↓↓↓

https://youtu.be/VP-kpLO-XCo

猫背だと以前

『お腹を広げてますか』で話した

肋骨と骨盤の間が猫背になることによって

圧迫されると足に行く血の巡りが悪くなり

老廃物、特に乳酸と言う老廃物が戻せなくなり

酸素と栄養が末端まで心臓から遠い部分まで

届かないことによって

じつは、ふくらはぎが猫背や夜眠れない、

同じ姿勢の時間が長い事によって

『生きているのが辛い』とか思っている人は

足に行く血の巡りが

極端に慢性的に悪くなっているので

ふくらはぎが当院に来る患者さんは

冷たくて硬いんです!

この心臓から足に行くまでの

血の巡りを良くするために

そこまでの大きな筋肉を

柔らかくする事によって

ふくらはぎが温かく柔らかくなります!

そのためにやれることをご紹介します!

その方法を紹介いたします

このように腿の前を伸ばす

+ お腹を広げるようにします

ストレッチポールがある人は

このようにやって見てください

2017年インターハイ400m自由形で

全国大会2位になった中島涼選手が見本見せてくれています

ポイントはお腹の間の隙間の空間ことを

腹腔(ふくくう)といいますが

腹部を広げ内臓の圧迫をとる!

そして腰を前から支えている腸腰筋!

体重を支えるのに1番大事だと言われている

大腿四頭筋を筋肉を伸び縮みさせる

筋ポンプ作用することによって

筋肉を硬くする物質がそこから散ることや筋肉を覆っている筋膜が緩みます!

このストレッチをすることによって今まで

あげた症状+代謝が良くなるのでダイエットに繋がったり

足の疲れが取れたり筋肉が早くついたり筋力アップしたりする

と私は思っています!

注意点はこのストレッチ筋ポンプをすることによって背中が反ることによって

腰が痛い人は無理に痛くない程度やってみてください!

1番大事な事は続けることです

ぜひお試しあれ

────────────────────────────────

 3【朝、疲れがとれてますか?】

─────────────────────────────────

慢性的に疲れがとれてないあなたにおすすめの動画です!

動画です!

  

https://youtu.be/j_N-1vpWH_Q

『朝疲れが取れていますか?』

私は大事にしている事が

あります!

それは

日々の疲れをためないこと!

それには睡眠が大事だと思っています

理由

なぜなら寝ている間に回復や修復が行われるからです

効果

私が実践している事は

4つあります

一つ目は

こだわっていることは

敷布団(マットレス)と枕です

敷布団(マットレス)

重力に抵抗している体を

重力から解放する時間を作り

寝返りを適度に打てるくらい一点に圧がかかりすぎないことです

 

気道を圧迫しないこと

寝返りを適度に打てるここと

スタンフォードの研究によると

アスリートは体重が重くがっちりした体型の人ほど硬めを選ぶ傾向にあり

体重が軽いアイススケートの選手は柔らかめのマットレスを選ぶ傾向にあったので

やはり寝返りが適度にうちやすいマットレスが良いのではと私は思います

27万部のベストセラー

スタンフォード式最高の睡眠

スタンフォード大学

睡眠生体リズム研究所所長

西野精治

な・なんと日本人がトップを務めています

 

1番大事な事は眠りはじめ黄金の90分の質を上げること

なぜ眠り始めが大事なのか最初のノンレム睡眠で

成長ホルモンの80%が出るため

最高の睡眠を手に入れるための準備する

 

夜眠りに誘うための脳内物質メラトニンを出すために朝から睡眠の準備が大事だそうです

そのためには脳内物質セロトニンを出すこと

二つ目は.朝日を浴びること!

三つ目は.リズム運動 

人と話せる位の運動 ウォーキング軽いジョギング

四つ目は.噛む事!

脳に刺激を与え

脳の血流を良くさせるために

朝ごはんを食べる事と

私はシャトレーゼのシュークリームを食べながらアイスコーヒーを飲み

メダリストと百寿を飲んでからジョギングと愛犬愛娘のアーチと散歩に行きます(笑)