札幌市で地域信頼度NO1!施術歴26年のベテラン治療家がいる接骨院

ほりお鍼灸接骨院


グロインペイン症候群(股関節、鼠蹊部痛)でお困りのあなたへ

 【グロインペイン症候群(股関節、鼠蹊部痛)でお困りのあなたへ

動画ですクリックしてください

────────────────────────────

グロインペイン症候群(股関節、鼠蹊部痛)でお困りのあなたへ

 

 

グロインペイン症候群について話したいと思います!

 

私がトレーナーをしていた頃は恥骨結合炎、スポーツヘルニアなどと言われていて
手術する選手もいましたが、今は少ないです!

今は股関節周囲痛、鼠蹊部周囲痛全体を

グロインペイン症候群と言われています!

 

腹圧と言ってお腹に圧をかける動作をすると痛みがあると思っています!

モモを上げたりするだけ痛かったり

酷いとくしゃみや何もしてなくても痛くなってしまいます!

 

当院の患者さんではサッカー選手が

圧倒的に多いです!

私が思うには走る事を長時間していて

それに加え

相手と当たったり、相手を押さえたりする

コンタクトスポーツをする事

蹴る動作、急なストップ、方向転換が多いスポーツの選手が多いと思っています

 

 

グロインペイン症候群になってしまったら最低限しなければいけないことが3つあると思っています!

 

1つ目は心臓から股関節までの血の巡りを良くすること!

2つ目は腰、股関節周りの筋肉や筋膜を

柔らかくすること!

3つ目は股関節より上の部分の重さを支える筋肉をつけること!

そして実は

スポーツ選手、アスリートは4つ目のことがあると思っています!

それは体幹の筋肉を圧倒的につけること!

 

上半身の重さ30キロから40キロぐらいあると思います

そしてこれをを支える

体幹の筋肉がないと24個ある背骨がぐらぐらするのを股関節、膝関節、足関節までの筋肉たちでバランスとるのにも使われることによって

股関節周りの筋肉や軟部組織に負担がかかると私は思っています!

しかも体幹を強くすることにより

再発を防げるどころか

急にとまれて急に違う方向に動けるキレのある動きができたり

軽く蹴っているのに遠

速い球を蹴れたりします!

 

具体的に早く治すためのセルフケアを紹介します

1つ目は血液の量を上げるためにこまめなたくさんの水分補給!これで痛い部分に酸素と栄養が行くようになります!

 

2.股関節より上の部分の重さを支えている筋肉たちを重力から解放するために10分くらいお風呂に入ること

 

3.心臓から末端までの血流を悪くしないために猫背や同じ姿勢、片足荷重の時間を短くすること

 

ぜひ、お試しあれ!


ほりお鍼灸接骨院のご案内

住      所:
〒003-0022
札幌市白石区南郷通13丁目南1-20
アクセス:
地下鉄東西線南郷13丁目駅 2番出口から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
011-866-8255
受付時間:
■平日
10:00~13:00
(最終受付12:15)
15:30~20:00
(最終受付19:15)
(平日の10:00~13:00の施術は予約のみ) 
予約は当日でもOKです 
定休日:
日曜日/祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ