札幌市で地域信頼度NO1!施術歴26年のベテラン治療家がいる接骨院

ほりお鍼灸接骨院


足の痙攣(家編、スポーツ時編)

家で足がつってしまったときの対処法動画ですクリックしてください

────────────────────────────

 

足がつってしまったときの対処法(家で夜つってしまった時編)

 

【足がつってしまったときの対処法(家でおきた場合編)】

家で足がつってしまったあなた!

原因は私が思うには脱水を疑っています!

そして脱水によって筋肉に酸素と栄養を運べていないことを疑っていますので

してもらいたいことが4つあります!

 

①水分を取る

 

できれば早く水分になるように経口補水液

アイソトニック飲料

できれば当院でも扱っているメダリストなどを飲むのが良いと私は思います!

②姿勢を正して腹式呼吸!

 

姿勢を正すことによって脳からセロトニンと言う物質が出ます!脳内物質の調整をしてくれている物質ですので体がリラックスします!腹式呼吸お腹を膨らましてへこますようにそうすることによって血管が広がり末端まで酸素が届くようになるので筋肉が緩みやすくなると思います

③足をつってしまった原因の疲労物質、筋肉を硬くしている物質を心臓に押し戻すために足を上げる

 

④その筋肉を痛くない程度

筋ポンプ伸び縮みさせます!

 

ですので常時、特に寝る前などペットボトル等を近くに置いて水分を取れるようにしておいた方が私は良いと思います!

お試しあれ



 

────────────────────────────

 

足がつってしまったときの対処法(試合やレース中編)動画ですクリックしてください

────────────────────────────


 

 

 

 

【足がつってしまったときの対処法(試合やレース中編)】

 

夏のレースや大会中に足がつってしまった時にすること

レース中や試合の後半足がつるようなこと

ありますよね

私がしてきたことそしてトレーナーとしてしてきたことをお話ししたいと思います!

 

してもらいたいことが5つあります!

 

1、姿勢を正して腹式呼吸をします!

 

姿勢を正すことによって脳からセロトニンと言う物質が出ます!脳内物質の調整をしてくれている物質ですので体がリラックスします!

 

大体疲れていると猫背になっていることが大変多いと私は思っています!

姿勢を正すとお腹を広げることになり、そして腹式呼吸をすることによって横隔膜を伸び縮みさせることにより副交感神経が優位になり心拍数を下げ血管が広がります!お腹に内臓も入っていますが人の中で1番大きな腹大動脈の圧迫がとれ広がることによって酸素と栄養が足に行きやすくなり足が速やかに楽になると私は思っています!

2、水分補給してください!

 

できれば経口補水液、アイソトニック飲料そして当院で扱っているメダリストなどを飲むのがベストだと思います

体が脱水になっていることを疑っていますのでできる限り意識的に喉が渇く前に水分を取る習慣を身に付けた方が本当はいいと思います!

3、筋肉を冷やす

 

筋肉が熱を持ちすぎて痙攣足がつると言うことを疑っていますので冷却水の役割をしている血液が脱水状態になることにより筋肉が熱を持ちすぎることによってオーバーヒートを起こして筋肉が痙攣を起こすと思っていますので筋肉自体にお水や濡れタオルなので筋肉を冷やす

4、ハーフタイムや休憩があるようなら足を上げる

 

5、足のつりが治ったら1から4のことを繰り返し痛くない程度、筋ポンプ・ストレッチします!

 

もう一つ大事なことを忘れてました!

笑顔になることです!

副交感神経が優位になり筋肉がリラックスします

ぜひお試しあれ!

 


ほりお鍼灸接骨院のご案内

住      所:
〒003-0022
札幌市白石区南郷通13丁目南1-20
アクセス:
地下鉄東西線南郷13丁目駅 2番出口から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
011-866-8255
受付時間:
■平日
10:00~13:00
(最終受付12:15)
15:30~20:00
(最終受付19:15)
(平日の10:00~13:00の施術は予約のみ) 
予約は当日でもOKです 
定休日:
日曜日/祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ