札幌市で地域信頼度NO1!施術歴25年のベテラン治療家がいる接骨院

ほりお鍼灸接骨院


鍼灸治療のご案内

次の症状でお悩みの方はご相談ください。

nayanihyo.jpg


当院には上記のようなことでお困りの方が沢山来院して元気を取り戻しています。
周りに数多くある他の施術院と何が違うのか?
このホームページにはあなたの悩みを解消する答えが書いてあります。 なので
もうこれ以上、あなたが施術院探しに無駄な時間とお金を使う必要はありません!

鍼を痛くて怖いものだと思っていませんか?
実は当院では私自身が、されたくない治療をしようとは思っていません。ですので針の太さも髪の毛程の針を使用していますのでほとんど痛みを感じる事はありません。なおディスポ(使い捨て)の鍼を使用していますので衛生的にも問題ありません。安心して治療をお受けできます。
針と髪の毛.jpg
灸も熱くありません。
間接灸と直接灸といいまして、せんねん灸ともぐさをひねりを使い熱くなる前にとります。

 

あなたは自分の平熱を知っていますか?
体重を測るのも大事ですが体温も測った方がいいと思います。


人の平均体温とされる36.5度の体温がある人は、健康体で免疫力旺盛です。
平熱が35.5度以下の低体温が恒常的に続くと、排泄機能の低下、自律神経失調症が出現し
アレルギー症状が出現します。
下記のような症状が低体温の方で当てはまっていませんか?
当てはまる方は簡単なセルフケア書いておきますので
改善されないようなら鍼灸治療に相談ください


  • よく風邪を引き生理痛で寝込むことが、しばしば

  • 慢性頭痛や肩こり、腰痛がある

  • 最近、白髪が増えてる

  • 運動をしていない

  • 便秘、もしくは下痢気味

  • 皮膚が荒れている


そして体温が1度下がると、免疫力を30%も低くなり
低体温は体内を酸化させて
老化スピードを促進させてしまいます。
ではなぜ低体温になってしまうのでしょうか。
そもそもの原因はストレスと言われています。
同じ姿勢で、長時間同じ筋肉が使われると筋肉に乳酸がたまります。そうすると筋肉は硬くなりその間を通っている血管や神経が圧迫され、血管は血液が隅々まで栄養が運ばれにくくなり老廃物や疲労物質も心臓に押し戻されにくくなります。神経でも特に背筋に通っている自律神経が圧迫されると働きが鈍くなり、不妊症や鬱病、自律神経失調症の症状が出てきます。

 

あなたは自分の平熱を知りましょう

シャワーでなくお風呂に入りましょう
お腹まわりを腹巻などで温めましょう
首肩の体操
腰のストレッチ

ほりお鍼灸接骨院のご案内

住      所:
〒003-0022
札幌市白石区南郷通13丁目南1-20
アクセス:
地下鉄東西線南郷13丁目駅 2番出口から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
011-866-8255
受付時間:
■平日
10:00~13:00
(最終受付12:15)
15:30~20:00
(最終受付19:15)
(平日の10:00~13:00の施術は予約のみ) 
予約は当日でもOKです 
定休日:
日曜日/祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ