札幌市で地域信頼度NO1!施術歴25年のベテラン治療家がいる接骨院

ほりお鍼灸接骨院


【癌を克服して『プロサッカー選手に なれました』と来院してくれました~^o^】

23172811_1517583054984062_3357317127529003242_n.jpg

 

こんばんは

堀尾です!

中学の頃から通ってくれていた

大津一貴選手がタイリーグシーズンが

終わり帰国して来院してくれました!

 

『おっくん』こと大津一貴選手は

SSS札幌ジュニアユースから青森山田高校

サッカー留学をし

その後、関東学院大学へ行きプロにはなれず

社会人になっていたのは聞いていたのです!

 

そこからが凄い!

社会人になり、すぐに癌が見つかり手術し

癌を克服しそこから人生観が変わり

1番大事な大好きなサッカーをやりたい事として、黙々とリハビリをし

モンゴルに単身乗り込みプロサッカー選手の扉をこじ開けました!

そして昨年タイリーグで1年間過ごし

昨日メッセージで

『堀尾さん!挨拶行きたいんですけど』

と言われたので、コンディショニングや悩みの相談なのかなぁと思っていたら

『練習着なんですけれど』と

タイリーグチームのユニフォームを

プレゼントで持って来てくれました!

23376163_1517583348317366_4620877714154433645_n.jpg

『飾らしてもらうね』と言ったら

おっくんは

『夢が一つ叶いました~』と言ってくれ

本当に1日というか、この仕事していて良かった瞬間です^o^(泣)

 

これからも、君の

あなたの子どもさんの夢を

サポートし続けます^o^

強く思う日になりました

23231618_1517583128317388_401958397856316174_n.jpg

2002-2004年 SSS札幌ジュニアユース

2005-2007年 青森山田高校

2008-2011年 関東学院大学

2013-2014年 T.F.S.C(東京都リーグ)

2015年 FCウランバートル(モンゴル)

2016年 スリーキングスユナイテッド(ニュージーランド)

2017年 カンペーンペットFC(タイ)

 

webマガジン

ゴラッソからの記事です!

全部、本人がわかりやすい文章書いたそうです^o^

 

以下

なぜサラリーマンから海外リーガー? きっかけは『癌』

 

ある日突然身体に異変を感じ、近所の病院で診察してもらうと「すぐに大学病院で検査しなさい」と医者から告げられ、言われるがまま紹介状を片手に大学病院へ。血液検査やCT検査など沢山検査を受けた後、診察室で告げられた診断は『精巣腫瘍』という病名の悪性の癌。それを聞いた時は頭の中が真っ白で、どういう反応をしていいか分からずになぜか笑っていました。実家の親と会社の上司に電話するためと言って病院を出て、雲ひとつ無い7月の青空をしばらく眺めながら、「なぜ自分が」という感情と戦いながら、まずは自分がこの事実を受け入れようと必死に自分の心に言い聞かせていました。

幸い早期発見だったので、摘出手術と放射線治療で一命を取り留めましたが、「発見が遅ければ明日死んでいたかもしれない」と医者から言われた時の恐怖心は今でも忘れられません。

ただ、もし本当に明日死ぬとしたらと考えた時、まず最初に頭に浮かんだのはサッカー。小さい頃からプロサッカー選手になることを夢見て、大好きでずっと続けてきたことを、怪我、大学卒業、就職、世間体、お金、環境、沢山のできない理由を並べて諦めた自分が居ることに、その時はじめて気付きました。本当はまだまだサッカーをしたいし、夢を叶えないまま人生を終えたら絶対に後悔すると思いました。

病気が治ったらもう一度本気でプロサッカー選手を目指そうと手術前の病室で決意。当時22歳でしたが、その時の自分にとって年齢や世間体は全く気になりませんでした。

ですが、放射線治療の影響で体重は約10キロ落ち、大学時代に負った怪我の影響で膝は曲がりきらないまま。現実問題働かなければ生活することができず、体調が落ち着いた約3ヵ月後に復職。このような状況だったので、当時はほとんどの人が現実を見ろと反対してきて、真剣に話しを聞いてくれませんでした。

自分の気持ちだけが空回りする日々の中、この悩みを思い切って会社の上司に相談したところ、「応援するし、できることなら協力するよ!」という返答をしてくださり、私のチャレンジをはじめて真剣に応援された瞬間でした。当時、その上司の方とは違う部署だったのですが、年度が替わるタイミングで同じ部署に移動することになり、本格的にまずはサッカー復帰へリハビリの日々がスタート。それでも毎日仕事はあるし、特別何かを優遇されていた訳ではないのですが、応援してくれる人が近くにいるということがとても大きなモチベーションとなりました。それはリハビリだけではなく、仕事も本気で取り組むモチベーションへと繋がり、サッカーも仕事も両方本気で取り組む二刀流の日々だったと思います。

サラリーマンから海外リーガー!?きっかけは『癌』

http://www.golaco.club/articles/4459

 

多くの日本人がプレーするタイリーグのリアルな現状

http://www.golaco.club/articles/4509

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

ほりお鍼灸接骨院のご案内

住      所:
〒003-0022
札幌市白石区南郷通13丁目南1-20
アクセス:
地下鉄東西線南郷13丁目駅 2番出口から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
011-866-8255
受付時間:
■平日
10:00~13:00
(最終受付12:15)
15:30~20:00
(最終受付19:15)
(平日の10:00~13:00の施術は予約のみ) 
予約は当日でもOKです 
定休日:
日曜日/祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ