「僕の妻と結婚してください」を観て号泣!

─────────────────────────────────

【堀尾オススメDVDコーナ~^o^

私、堀尾は感動屋で泣き虫です!すぐに感情移入してしまいます!
今回も号泣したいあなた、オススメです!2016年作品で織田裕二、吉田羊主演「僕の妻と結婚してください」です!

あらすじ。

テレビの放送作家の修治(織田裕二)は医者に膵臓癌の末期を告げられ、余命半年~1年と告げられる。
妻、彩子(吉田羊)と息子、陽一郎のためにできることはないか考える。
彩子に新たな夫(原田泰造)をあてがう(見合いさせる)ことを思いつく。

修治(織田裕二)は常に作家業もあってかアイデアや心の中を書き出していました。
日記療法と言ってストレスや心の病を軽減する効果があります。
人に話したりするのも、もちろん効果があります

修治の余命が近くなり、息子と河川敷で息子へのお願いと生きていたら息子としたかったことを話すシーン!私も同じ立場ならやります^o^二人とも寝転んで!

修治「陽一郎!陽一郎という名前は快晴のここの河川敷の芝生に寝転がっていて決めたんだ!』

修治立ち上がって川に向かって叫ぶ。

「陽一郎がお父さんになる姿を見たかった。一緒に酒を飲みたかった』

再び二人とも寝転んで。

陽一郎『お父さん死ぬの怖くないの』

怖くないよお前やお母さんが病気になる方が怖い。お母さんのこと頼むね』。最後に息子、陽一郎宛ての手紙も泣けます!
でも、睡眠時間まで削ってまで頻繁に飲み会の三次会まで行くのは健康を害すと堀尾は思います^o^