明後日の北海道マラソンを快適に走りたいあなたへ

こんばんは!堀尾です!

レースに間に合うようにいち早く、明後日の北海道マラソンを快適に走りたいあなたへと言うことについてお話したいと思います。
前回のブログで紹介した一過性低体温症と共通しているお話なのですが、今日話したいことの共通点は気化熱です。
その前にマメについてですが、これほどこの痛みでビッコをひいたりしてタイムが落ちたり痛みを伴いながら走るのは私にとってはばかばかしいことだと思っています!

 
ですので、
⑴マメのできるメカニズムと
⑵その予防法と
⑶出来てしまった場合の緊急対処についてお話ししたいと思います!
 
IMG_8820.jpg
 
⑴マメのできるメカニズム
マメは皮膚と靴下と靴の間で起こる摩擦によるやけどです。ですので摩擦を少なくすることと
あともう1点は摩擦によって生じる熱を下げることがポイントになると私は思っているんです。
 
⑵私のオススメの予防方法は
・5本指ソックスを履く!(指の間から熱が逃げやすくなる)
・そして摩擦を少なくするためにワセリンもしくは石鹸を靴下と靴に摩擦が起きやすいところに塗る!
 
⑶私は予防ですが出来てしまった場合の緊急対処にもなります
・靴に水をかける!(熱を持った足にかかった水が気化熱で蒸発して足の温度が下がります。そして摩擦による熱が下がるのです)
 
一過性の低体温症でもそうですが、体についた汗が体温で蒸発して冷やされます。そこに風などが当たると体温がさがり低体温になると私は思っています。

低体温症になった堀尾でした〜
(アイアンマン完走後の点滴時、普段36℃後半が35.8℃でした〜ブルブル〜)