内転筋の痛みの治し方

内転筋の痛みのとり方
腿の内側の痛み。慢性的な痛み、コリが取れない。その答えを動画にしたいと思います。することは3つ、

1,心臓から患部までの血流を良くすること。

2,患部の筋肉を伸び縮みする筋ポンプストレッチをすること。

3,筋外膜を緩める筋膜リリースをすること。その3つを紹介したいと思います。

・腿の前の筋ポンプストレッチ
(腹大動脈の血流を良くするためと一番人の中で長い大腿骨をまたいでいる筋肉のため)

・内転筋の筋ポンプストレッチ
(多くの内転筋群なため色々な角度の筋ポンプをしてみてください!一番効く筋肉を見つけてください)

・内転筋の筋膜を緩める事
内転筋群の筋膜を緩める事(大腿動脈、静脈の圧迫をとり血流改善)

筋膜リリースするやり方です!内転筋のある腿の内側をこのような筒状のものとか、このようなボールで点で刺激する。こちらは線で刺激する。どちらも持っているといいですが、どちらでもいいと思います。こちらはテニスボール、こちらはストレッチポールと言う筒状のものでも代用できます。それをこの痛いところに当てながらうつ伏せになって痛いところに当ててこのように線で刺激します。

これで痛いところを見つけたらそこを重点的にやって、取り切れないものをこの点で取る。このボールを当ててこの腿の重さで伸ばしますので、すごい効きます。多分痛い人はすごく痛いです。ちなみ私は痛くないです。

これを少しずつ場所をずらしながらやってみてください。できれば2週間ぐらいやるとこの筋膜緩んできますから。痛いですけど頑張ってみてください。

 【グロインペイン症候群(股関節、鼠蹊部痛)でお困りのあなたへ

────────────────────────────

グロインペイン症候群(股関節、鼠蹊部痛)でお困りのあなたへ

グロインペイン症候群について話したいと思います!
私がトレーナーをしていた頃は恥骨結合炎、スポーツヘルニアなどと言われていて手術する選手もいましたが、今は少ないです!
今では股関節周囲痛、鼠蹊部周囲痛全体をグロインペイン症候群と言っています!

腹圧と言ってお腹に圧をかける動作をすると痛みがあると思っています!
モモを上げたりするだけ痛かったり、酷いとくしゃみや何もしていなくても痛くなってしまいます!
当院の患者さんではサッカー選手が圧倒的に多いです!

私が思うには走る事を長時間していて、それに加えて相手と当たったり、相手を押さえたりするコンタクトスポーツをする事、蹴る動作、急なストップ、方向転換が多いスポーツの選手が多いと思っています!

グロインペイン症候群になってしまったら最低限しなければいけないことが3つあると思っています!
1つ目は心臓から股関節までの血の巡りを良くすること!
2つ目は腰、股関節周りの筋肉や筋膜を柔らかくすること!
3つ目は股関節より上の部分の重さを支える筋肉をつけることです!

そして実はスポーツ選手、アスリートは4つ目のことがあると思っています!
それは体幹の筋肉を圧倒的につけることです!

上半身の重さ30キロから40キロぐらいあると思いますが、これをを支える体幹の筋肉がないと24個ある背骨がぐらぐらするのを股関節、膝関節、足関節までの筋肉たちでバランス取るのにも使われることによって、股関節周りの筋肉や軟部組織に負担がかかると私は思っています!

しかも体幹を強くすることにより再発を防げるどころか、急に止まれて急に違う方向に動けるキレのある動きができたり、軽く蹴っているのに遠くへ蹴れたり、速い球を蹴れたりします!

また具体的に早く治すためのセルフケアを紹介します!
1つ目は血液の量を上げるためにこまめなたくさんの水分補給!これで痛い部分に酸素と栄養が行くようになります!

2つめは股関節より上の部分の重さを支えている筋肉たちを重力から解放するために10分くらいお風呂に入ることです!

3つめは心臓から末端までの血流を悪くしないために猫背や同じ姿勢、片足荷重の時間を短くすることです!

ぜひお試しあれ!

─────────────────────────────────

 【『キレてるね』と言われたくないですか?動画です!クリックしてください!

 

『キレてるね』と言われたくないですか?
キレのある動きとはと言うことについてお話ししたいと思います!

急に止まれて急に違う方向に動ける人やそんな動作をできる人を私は『キレのある動きだね』と言われている人だと思います!
特にサッカーはそう思っています!

急に止まると、この骨盤から上の重さは20から40㎏あると思いますが、急に止まった時に骨盤から上の重さを支える筋肉がないと急に止まれないので上半身が倒れてしまいます!

そして違う方向に行くときにはその上半身の重さを立て直さなければいけないので、動きにロスがあり疲れが溜まります!
またキレのある選手は急に止まれて骨盤から上の重さを支えられるので、急に違う方向に早く動けます!
ですので『キレがあるね!』と言われる動きが出来るんだと思います!

そのために当院で私が指導している事は、この体幹と言われる骨盤より上の部分、この筋肉たちを柔らかくして強くすることです!
そして骨盤から土台になる股関節、膝までに行く筋肉たちを柔らかくし強くすることをします!

膝や股関節が逆に痛くなったり疲れが溜まりやすい人は骨盤から上の重さを支える体幹の筋肉が弱かったり、硬いと私は思っています!
ですので膝や股関節、足首もそうですが、なかなか痛みが取れない人で骨盤から上の重さを支える体幹の筋肉たちを何もケアしてないようでしたら、当院、私たちはあなたに何かしらのお力になれるアドバイスができると思います!

もちろん通ってくれているあなたは体幹!
骨盤から上の重さを支える筋肉を柔らかくして筋力をつけることを続けてください!
忘れているあなたは今からでも遅くありませんので、今からやってください!
1番大事なことは続けることです!

寝てるだけで体幹の筋肉がつくジョイトレ!当院では大人気です!

初回お試し20分1800円(税別)

なぜジョイトレが効くのかお話しをしたい思います。2つ理由があると思います!

あなたに患者さんにこのジョイトレのボリュームである電圧の主導権を取らせないことです。どうしても30分もやるのできつくて続けられないと思いますがそんな弱い自分に克ってもらいます!

腹圧を高めた状態で目一杯の電圧をかけることによってきついですが、ジョイトレ30分間一緒に寄り添い励ましますのでそれを続けるのですごい効果が出ます!

2つ目はそのことにより骨盤より上の重さを支えられる筋肉がつくと言うことです。

ここから上の重さ女性で20キロ以上あると思いますがその筋肉がつくことによって普段の姿勢が姿勢が良くなります。

そして背もたれを使わない患者さんがすごくたくさんジョイトレを受けている人が見受けられます。

背骨を支える筋肉が弱くなることによって慢性的な腰痛があったり猫背であることによって内臓に入っている人の中に1番大きい動脈、腹大動脈の圧迫が取れることによって冷えやむくみが取れました

足に血の巡りが良くなるので走っているランナーだと疲れが軽減されたり遅くなったりそして姿勢が悪かったのが良くなることによって背中の奥に通っている自律神経が圧迫されなくなることによって首から上の血の巡りが良くなることによって自律神経の症状が楽になったり痛みだけでなく辛い症状だけでなくパフォーマンスアップにもつながります。

当院ではコンサドーレ札幌の選手たちも受けています。それ以外にプロのアスリートトップアスリートが受けてくれています。ぜひきついですけど続けてみようかなと思っているあなた。励まして寄り添いますので挑戦してみませんか。ぜひお待ちしております。

 

札幌 腰痛

札幌 坐骨神経痛

札幌 ヘルニア

札幌 ぎっくり腰

札幌 すべり症・分離症

札幌 膝痛

札幌 グロインペイン症候群
でお悩みの方はほりお鍼灸接骨院へ