足をつったときの 対処法(肉体労働編)

足をつったときの対処法
1.お風呂に入る
2,水分をこまめに取る
3,筋肉に水をかける

質問をいただきました。足をつったときの対処法という動画を今まで上げました。色々な場面のことがあると思うので今日質問をいただいたSさんは仕事で肉体労働、すごい激しい肉体労働しています。

足をつらないようにするのを1番やってもらいたいこと3つをお伝えします。
それは、もしシャワーだけだったらお風呂に入る習慣を、1日おきでも、ほんとは毎日でも入ってもらいたいということ!
それと水分をこまめに取る。
そして3つ目は、もう足をつってしまったときやってもらいたいのは、熱性の痙攣と言って筋肉が熱が持ちすぎて、ギュッとつってしまいます。

ほんとは血液というものが車のラジエーター、冷却水の役割をするので筋肉を冷やしてくれるんですが血液が少ない脱水症状になってしまってつった場合は血液が少ないので冷やせません。

ですので、近くに水がある場合、冷やせるものがある場合、外側からそのつっている筋肉に水をかける、しかも拭かない、筋肉の温度高い温度によってその水分があっという間に気化熱という作用で水分が吹き飛びます。

そしてそこの筋肉の温度が下がります。そしてあっという間につっている症状が楽になりますので、ぜひSさんお試しあれ。